「来店率が倍増、ietty が独自のチャット接客サービスを他業種に展開「ietty Chatbot Platform」を公開」 より引用

また、同ソリューションの1号案件として中古車販売・買取「ガリバー」を手がける IDOM との取り組みが始まっていることも伝えている。 具体的には対顧客向けに中古車の提案セールスを実施する「クルマコネクト」のオンライン接客部分を担う。同社代表取締役の小川泰平氏によれば、両社の取り組み ... 設定する KPI に…(続きを読む)

出典:http://thebridge.jp/2017/01/ietty-chatbot-platform


オンラインで簡単に申し込めるコレまでの車の無料一括査定ホームページを利用すると、売却予定の車の相場の概算が知れるので大変有用です。
スマートフォンなどからでも利用可能ですので、休憩時間など少しのスキマ時間でも充分に利用できます。
ただ一点言えることは、査定申し込みをした多くの店舗(実際のお店を構えているとどうしても維持費が掛かりますが、ネットショップなどだと、コストが削減できる分、商品の価格が安かったりします)から一気に電話攻勢がはじまりますから、このような電話攻勢が気になるのならば、メールのみで連絡可能なホームページを利用すると良いでしょう。
買取希望のユースドカーのおよその査定金額を知ろうと考えたときに、インターネットをとおして車の一括評定ホームページを活用するという手もありますが、買取希望車のメーカーのWebホームページ上で参考になる評定額を知ることも可能です。
メーカーホームページ上で参考値を知るだけならば個人情報は必要なく車種や年式だけで確認可能なところもあるので、一括評定ホームページを活用した場合のような一気に複数の業者から営業電話がしつこく掛かってくるリスクは回避できます。
沢山の会社に車の一括査定を依頼できるホームページがインターネット上には多数あります。
そして、個人の名前などの情報を掲さいせずに評定可能なホームページもあります。
鑑定をお願いしても結果が分からないのでは駄目なので、連絡先だけは教える必要があるのですが、できれば最小限の個人情報しか教えたくないケースでは良いでしょう。
また、連絡先すら秘密にしたままユーズドカーの相場金額が分かるものとしては、手持ちの車の車種や年式などの情報をメーカーのホームページに入力すると、現在の参考相場が分かる場合があります。
そうは言っても、本当にだいたいの値しか出ないので、信頼性に欠ける面があるのは否めないでしょう。
本来ならば車を売るときには、傷が目立ったり凹みがある車体の方が査定額は低くなります。
かといって、素人が個人で直してしまおうと頑張っても、プロの目で見たらごまかしが効かないばかりか却って傷が目たつケースが散見します。
誰が乗っても自然に付いてしまうようなごく薄い傷などは、あまり評定額減少の対象とはならないケースが多いのです。
自動車修理をしたことが無い人がほとんどでしょうから、大変な思いをして自分で修理しようとしないで、そのまま買取査定に出すようにした方が結果的には良いでしょう。