下取りではなく買取業者に車を売却する際は手つづきが必要です。
まずは一括評定ホームページなどを使って年式や各種条件から簡易的な査定額をだして貰い、業者が来て実車評定を行い、実際の鑑定額(買取額)が提示されます。
提示額が不満なら交渉の余地があります。
そして満足な価格になっ立ところで契約書を交わします。
引渡日当日になったら業者に車とカギを渡し、所有者の移転登録等の手つづきがひと通り終わった後で売主の口座に売却代金の振込があります。
既に支払いを済ませた自動車税が月割りで戻ってくる場合があります。
これはどのような時かというと、一般的な普通自動車を売らずにそのまま廃車にしてしまっ立ときには還付されます。
逆に軽自動車については別途決まりがあって、税金の還付はありません。
しかしながら、自動車税の残り期間が相当余っている時などは、残りの税金分をユーズドカー買取店が査定額に上乗せしてくれることもあるのです。
幾ら良心的な業者が存在するといっても、自動車税の取り扱いをどうするかについてきちんと説明してくれる買取会社ばかりではないでしょう。
売却契約をする前に確認しておきたいことの一つですね。
乗用車を売却するにはまず査定をうける必要があります。
一口に評定といってもやり方は簡単に分けると2種類です。
比較的なじみ深いのは、自動車の購入と処分を同じディーラーで行ういわゆる「下取り査定」です。
車を購入するのと同時に行うので手間がかからない上、代車を手配する必要もないという気楽さが魅力ですが、下手をするとディーラーの言い値になるため結果的には買取業者に頼むよりも安めの価格になってしまうという欠点があります。
一方、買取専門業者に鑑定を依頼すると、一社でなく複数に鑑定してもらえるため、高値になる傾向があります。
期末であり年度末決算も抱えた3月と、賞与支給から2ヶ月たった9月は懐も余裕があるため、販売店としては車がよく売れるトップシーズンです。
どの中古屋でも期間中になるべく多く売るには、仕入れも多くなければいけないと考えています。
つまり多少高くても仕入れる(買い取る)覚悟があるわけです。
いつまでに売らなければいけないというリミットがないなら、価格上昇のタイミングを見計らうことで、高額鑑定も期待できます。
また査定額は、決算期が終わった4月というのは最も低くなる頃なので売却はお薦めできません。